「僕が父さんの代わりに慰めてあげる」一人息子から告げられた思いもよらない言葉に真子は耳を疑った。親子でなんて許されるわけがない。それでも長年のセックスレスで飢え切った身体は今すぐ巨乳を揉みしだいて!膣奥に挿入して!と疼いて堪らない。今だけ…そう自分に言い聞かせて真子は息子の腕に縋りついた…。何度イっても終わらない無限絶頂セックスの幕が開ける。 特集