僕は後輩の女子社員のセナと東京へ出張に来ていた。日帰りの予定だったが、天候不良で帰りの新幹線が運休してしまい、1泊することに。あいにく2部屋が取れず、セナと相部屋で泊まることになってしまった。夜も遅く、ホテルの近くには営業している飲食店はなく、コンビニで買った簡単な食事をしていると、セナは変わったお願いを僕に切り出す。「私にオナニーを見せて下さい」。ギンギンになったチ○コをシコっている僕、それを見るセナ。酔った勢いもあって、挑発してくるセナ。段々と職場での立場が逆転し、セナが主導のセックスが始まる。※この作品はバイノーラル録音されておりますが、視点移動により音声が連動するものではありません。※この商品は専用プレイヤーでの視聴に最適化されています。※VR専用作品は必ず下記リンクより動作環境・対応デバイスを確認いただきご購入ください。  特集