教師を辞めた美子(牧原れい子)はつよしと共に住み慣 れた東京離れて、美子の実家へと身を寄せる事に。母と息子の関係を捨てて禁断の愛に生きる決意をした二人だが、美子の胸中は複雑であった。「SEXなんてスポーツみたいなものだ!」と言いきるみなみは、つよしが年の離れた美子とSEXしていることが理解できなかった。そして強引につよしを自分の部屋に誘い裸になって彼を挑発する。つよしがみなみとSEXした事を知った美子はショックを受けるが同時に自分とつよしの関係に疑問を持つ。若いつよしの将来を自分が拘束していて良いのかと悩む美子は、考えた末にやはり、つよしと一緒になれないと決心しその夜つよしの躰を求めた美子は、SEXの後、母と息子に戻ろうとつよしに告げる。 特集