夫を早くに亡くした千里は女手一つで娘を育てた。いろいろな事がひと段落し、千里は気になっていた水回りの修理を業者に依頼した。数日後、現れた業者の青年は千里に説明し、作業に入った。立会を希望とのことで、千里はすぐ動けるよう近くで作業を見ていた。本を読みながら青年と会話していたが、ふと作業を見てみると、なんと青年は下半身裸で勃起した肉棒をゆっくりと扱いていた。千里は見てはいけないと思いながら青年を凝視してしまっていた。そして青年の発射に胸の高鳴りを抑えられなくなっていた。次の日、作業に来た青年。千里は関わらないようにと掃除を始めた。ちらりと青年を確認するとちゃんと服を着ており、千里は安心した。しばらくすると背後に気配が。青年はいつの間にかズボンを脱いでおり、パンツの中で静かに扱いていた... 特集