20年ぶりにカメラを向けられ緊張を隠せず震えてしまった前回の撮影。あれから1ヶ月が経ちようやく冷静に前回のことを振り返る余裕も出てきた。(あのときもっと…もっと大胆になれたらよかった…)そう思えば思うほどまたあの場所に行きたい、そして前回よりもっとありのままの自分を曝け出し快楽に溺れイキ乱れたいという気持ちが強くなってきた。…そんな彼女の純な思いを見透かすかのように、撮影はいきなり序盤からトップギアで無限快楽の扉を突き破り、彼女の中に秘めた欲望をヒートアップさせていく。 特集