「また来たんだ?本当にパンスト好きなんだねぇ。」その声で我に返るほど、無意識下でここに足を運んでいる。あまりにも美しい彼女はナースとして、僕に治療を施してくれる…。まずは、パンストをさする音をじっくり聞く。そしてパンスト越しに見えるパンティ。パンスト越しに漂う足の匂い。パンスト越しに足汁を舐め、最後は脚コキ…。妖艶な彼女による至高のオンリーパンスト時間。ああ、きっとまた僕はここに来てしまうだろう…。※この作品はバイノーラル録音されておりますが、視点移動により音声が連動するものではありません。※この商品は専用プレイヤーでの視聴に最適化されています。※VR専用作品は必ず下記リンクより動作環境・対応デバイスを確認いただきご購入ください。