一見すると仲の良い普通の親子。だが母子家庭で肩を寄せ合って生きてきた夏菜子と和哉の繋がりはあまりにも濃密で強固なものだった。母ならなんでも言えるし、甘えさせてくれる。そう思っている和哉にとっては童貞で彼女もいない今、筆おろしを母にお願いするのは自然な流れだった。夏菜子は母親として息子を諭す。だが夏菜子自身も肉棒に飢えていて…。そこは社会から隔絶された二人だけの世界。咎める者は誰もいなかった。 特集