幸二は大学の頃から同じアパートに住んでおり、狭い和室のため布団は寝るタイミングで敷くスタイル。それ故、『エッチがしたくなったら布団を敷く』というなんとも遠まわしなサインで、したいアピールをしてくる照れ屋な幸二。紗知はその手にすっかり気づいているのだが、わざと気づかないフリをして楽しんで…?!