【新感覚】女の子のアナルから噴射する牛乳を直飲できる!私は東京の某女子校に勤務している教師です。半年前に田舎の学校から転勤となりまして、初めての東京です。いやぁ…それにしても東京はすごい…驚かされました…東京の女の子は非常に大胆ですね。放課後の校舎で、チョメチョメしているのです。女子生徒の2人が…田舎だとあり得ないですね…放課後、私はその光景をひっそりと眺めるのが好きでした。しかし…女子生徒に見つかってしまいました。「バラされたくないよね?先生。」私は恐怖しました。とても怖かった…それでも、問答無用に、誰もいない教室へ連行されました。女子生徒2人に。すると、あるお願いをしてきました。「先生、これをぶち込んで!」「私達のアナルに牛乳をぶち込んで!」目の前に差し出されたのは、・牛乳(2リットル紙パック)を数個・極太のガラス浣腸器を2個…つまり、こういうことです。女子生徒のピンク色をしたまだ若い肛門に極太浣腸器で牛乳を直注入することを要求されたのです。私は脅されていました…だから、仕方なかったのです…仕方がなく…大量の牛乳を女子生徒の肛門にぶち込みました。すると、女子生徒はお腹をさすりながら言うのです。「先生、お腹痛い。お腹グルグルいってるよ~」「先生、出そう。白いのいっぱいでちゃいそうだよ。」「だから…先生の顔に、ぶっかけてもいい?笑」…もちろん、私は拒否しました。…教師としてあるまじき行為です。でも、私は脅されている立場…仕方がなかったのです…私の眼前に、女子生徒のナマ肛門が2つ現れ、その肛門はぷっくり真っ赤に膨れ上がり、勢いよく牛乳が噴射されました。私の顔面は真っ白になりました…それはまさに塗装前の蝋人形のようで…私は失意に見舞われました…しかし、正直な話をすると…私はその女子生徒の肛門から直噴射した牛乳を直で飲んでおりました。私の胃袋は女子生徒の肛門から噴射した牛乳でいっぱいです。何度も、何度も、何度も、何度も、噴射されました…何度も、何度も、何度も、何度も、飲み干しました…・女子生徒のひくひく躍動する肛門。・極太浣腸器で牛乳を直注入。・その牛乳を顔面に噴射される。…私は教師失格です。これは、そんな女子生徒の肛門から噴射する牛乳に私が溺れてしまった記憶です。P.S. 女子生徒の肛門は非常に肉厚で、直腸内はまるで宇宙のように広がっておりました。あの真っ赤に膨れ上がった肛門はまさに赤富士。あの赤富士を次は登頂してみたい…そして、その赤富士から噴射する真っ白な火山の中で…溶けてしまいたい…今はそんな気持ちです。※この作品はバイノーラル録音されておりますが、視点移動により音声が連動するものではありません。※この商品は専用プレイヤーでの視聴に最適化されています。※VR専用作品は必ず下記リンクより動作環境・対応デバイスを確認いただきご購入ください。  特集