女教師らしく生徒と歩く彼女。均整の取れたメリハリのあるボディ、フェロモンを撒き散らすかのような色気に目を奪われてしまった私は、海綿体が充血するのを感じながら彼女を次のターゲットにすることにした。尾行を始めると意外にも早く本性知るコトが出来た。週末に某ラブホ街で娼婦のような行いをしていたのだ。教職に就いてる女の予想外の顔に驚きつつも、最高の強請りネタに鼓動は高鳴った。そして、彼女に声をかけたのだ…。「どうすればいいですか?…」秘密を暴かれた彼女は、指先を震わせながら聞いてきた。彼女のココロとカラダが私の手中に落ちた瞬間だった。その日以来、某ラブホ街で女の姿を見るコトは無くなった…。果たして彼女が私に呼び出されるのは何回目だろう?「最後にしてください…」と懇願する女教師をビンタで委縮させ、膣穴に反り立つ肉棒を強引に捻じ込むと、狂イキを繰り返す透き通るような肌に精液をぶちまける!