宿泊の手配ミスで大嫌いな上司と相部屋になってしまった私。上司の命令で目隠しをして待機を命じられてしまい、喉が渇いたので水をお願いするとスーツごとビショ濡れにされセクハラを受けました。さらにネチっこい説教を受けていると、限界まで我慢をしたのにトイレに行かせてもらえずコップに放尿してしまい…。そしてオシッコを上司にかけてしまうと謝罪しながら舐めさせられ…。私はワケが分からないまま潮を吹き、大嫌いな上司のチ●ポで何度も絶頂をしてしまいました。 特集