ねんねは母との2人暮らし。ある日、母の代わりに大家に家賃を渡しにいったねんねは、大家から母が借金していることを聞かされる。「なんでもします。」車椅子生活で不自由をしている大家はかなりのエロジジイで、身の回りの世話だけではすませず、下の処理まで求めてくるのだった。ねんねは変態大家の理不尽な要求に応えていくうち、次第に自ら舌をからませ、巨乳を擦りつけ、腰を振るようになっていくのだった。 特集