終電を逃した午前2:00。高田馬場のロータリーを歩いていると1人の女子大生が酔っぱらって座っていた。心配になり声をかけると僕のことを彼氏と勘違いしていたので、そのままホテルへ直行!眠っているところにエッチないたずらしてオマケに中出し…「中に出しちゃったの~?しょうがないな~」と彼氏(と勘違いしている)だから許してくれる!その後も何度も中出し!※この作品はバイノーラル録音されておりますが、視点移動により音声が連動するものではありません。※この商品は専用プレイヤーでの視聴に最適化されています。※VR専用作品は必ず下記リンクより動作環境・対応デバイスを確認いただきご購入ください。  特集